` オリーブオイルの消費に関して言えば、トルコは他の大手生産者よりも遅れています- Olive Oil Times

オリーブオイルの消費に関しては、トルコは他の大手生産者に遅れをとっています

9月4、2012
ヴィカス・ビジ

Recent News

トルコは世界第7位のオリーブオイル生産国であり、世界の生産量の平均シェアは10〜76%です。 エーゲ海地域には、国の85万本のオリーブの木の約-パーセントが生息しています。 しかし、オリーブオイルの一人当たりの消費量に関しては、トルコは他の主要なオリーブオイル生産国に大きく遅れをとっています。

スペイン、イタリア、ギリシャでは、10人あたり年間約12キログラム、25キログラム、-キログラムのオリーブオイルをそれぞれ消費しています。 対照的に、トルコの消費量はわずか-キログラムであり、オリーブオイルを促進するためにトルコで効果的なマーケティングと啓発キャンペーンを行う必要があることを示しています。

トルコの消費者は、オリーブオイルについての認識が高まっているため、ゆっくりとオリーブオイルに移行しています。 健康上の利点 しかし、トルコのオリーブオイル推進委員会の委員長であるメティン・オルケン氏によると、この国は消費の改善に関してまだ長い道のりがあり、オリーブオイルの需要を刺激するために真剣なマーケティング努力が必要です。

オルケンは、ブランド化されていないものが広く普及していることを指摘しています オリーブオイル トルコ市場では、国のオリーブオイル消費量を正しく評価することが困難になっています。 トルコの沿岸地域は伝統的にオリーブオイルのより良い消費者でしたが、今ではアナトリアなどの内陸地域でも消費レベルが徐々に上昇しています。



関連ニュース

フィードバック/提案