` 新しい数字はイタリアのオリーブオイルの輸入の増加とより高い価格を示しています- Olive Oil Times

新しい数字は、イタリアのオリーブオイルの輸入の増加と価格の上昇を示しています

11年2011月9日午前42時-分EST
Olive Oil Times スタッフ

Recent News

国際オリーブ協会は本日、中国へのオリーブオイルの輸入が60/2009シーズンに2010%増加して合計20,565トンになり、その89%がヨーロッパからのものであることを示す数値を発表しました。 スペインが主要サプライヤー(42%)であり、イタリア(39%)、ギリシャ(7%)、ポルトガル(1%)がそれに続きました。 中国への他の輸出国はシリア(4%)、オーストラリア(3%)、トルコ(2%)でした。

期間中のエキストラバージンオリーブオイルは中国の輸入量の76%を占め、続いて12%のシェアを持つ精製オリーブオイルとオリーブ搾りかすオイルが続きました。

ロシアは25,000/2009年に10トン近くのオリーブオイルを輸入し、前シーズンから50%増加しました。 輸入の93パーセントはEU諸国からのもので、主要サプライヤーはスペイン(62パーセント)、イタリア(25パーセント)、ギリシャ(6パーセント)です。 チュニジアとトルコのシェアは、それぞれ4%と3%でした。 2009/10年の製品カテゴリ別内訳は、エキストラバージンが62%、精製油が28%、オリーブ搾りかすが10%のシェアを示しています。

インドは3,374%増の26トンのオリーブオイルしか輸入していません。 ほとんど(60%)はスペインから供給され、34%はイタリアから供給されました。 トルコはインドの輸入の5パーセントを占めました。 エクストラバージンはわずか19パーセントを占めました。 残りの81%は精製オリーブオイルでした。

シーズンの最初の20か月間(11月から7月)に、オリーブオイルの輸入はオーストラリアで-%、米国で-%増加しました。 日本の輸入は前年同期比で-%減少した。

広告

スペインのオリーブオイル価格は前年比8%下落して2.01ユーロ/ kg、ギリシャでは4%(1.95ユーロ/ kg)、イタリアでは反対方向に移動し、14%上昇して3.07ユーロ/ kgになりました。 。 IOCによると、ここ数週間、イタリアの価格が急騰しており、イタリアの生産者に支払われる価格とスペインやギリシャで支払われる価格との距離が広がっていることが確認されています。



広告

関連ニュース

フィードバック/提案