チュニジアにアカシアの木を植えるプロジェクトが砂漠化に対処

29歳の女性社会起業家の発案であるチュニジアのプロジェクトでは、水不足と砂漠化に対処するためにアカシアの木を植えています。

7月25、2017
イザベル・プーチンヤ

Recent News

チュニジアでアカシアの木を植える社会的企業プロジェクトは、チュニジアの気候変動によって引き起こされる水不足と砂漠化に取り組んでいます。 

Acacias For Allは、砂漠化に取り組むだけでなく、地元の農業労働者を支援することを目的として、2012歳のチュニジアの社会起業家であるSarahToumiによって29年に立ち上げられました。 

アカシアの木は、ここで見つかった塩辛い地下水で灌漑されたときに繁栄しないオリーブやアーモンドの作物の代わりとして、農村に導入されています。 

近年、チュニジアでは降雨量が少なく、従来の農法では土壌が枯渇する傾向があり、地元の農業部門にさらなるストレスを与えています。 

非常に丈夫なアカシアの植物は、200リットルあたり最大XNUMXグラムの塩を含む水で灌漑することができ、地下XNUMXフィートまでの水を引くことで砂漠の条件にうまく適応します。 また、風や砂からのバリアを作ることで他の作物を保護し、土壌の再生に役立つ窒素固定特性により土壌の質を向上させます。 

品質が重要です。
お近くの世界最高のオリーブオイルを見つけてください。

トウミは最初、スファックス地域のエルヘンチャ近くのビルサラ村でプロジェクトを立ち上げ、そこでデモンストレーションセンターを設立し、持続可能な農業の実践としてアカシアの木を植える方法を地元の農家に示しました。 

地元の農家が気候変動に適応するために必要なリソースへのアクセスの不足に対処し、状況に適応し、製品を販売するための科学的および技術的ノウハウを提供したかった」 ​,warそれらは環境にプラスの影響を与えるだけでなく、収入も増やします。」 

彼女は、農業部門で働く女性がこの革新的なアイデアをより受け入れやすく、アカシアを植えることの利点と、その栽培が新しい収入源になる方法を理解していることを発見しました。 女性は協同組合に組織され、農業サイクルをより適切に管理できるようになっています。 

プロジェクトはすぐに地元の他の14の地域にまで拡大しました ​,warアンバサダー」がモデルを複製しました。 現在、これまでに50,000万本以上のアカシアの木が植えられていますが、2018年までにXNUMX万本の木を植え、プロジェクトを北アフリカの他の国に持ち込むことを目標としています。 

モリンガまたはドラムスティックツリーとも呼ばれるアカシア植物は、チュニジア原産ではありませんが、おそらくインド亜大陸で発生しました。 インドのアカシアの年間生産量はXNUMX万トンを超えています。 この植物は、中央アメリカ、カリブ海、および南アメリカの北部の国々でも育ちます。 

植物の副産物はアラビアガム、または木の硬化した樹液であるアカシアガムです。 これは、食品業界で安定剤として、また水彩絵の具やセラミック釉薬のバインダーとして使用されています。 

モリンガオイルは植物の種子からも抽出され、食品や医薬品に使用されています。 植物の葉は、栄養補助食品、ハーブティーに使用されるか、蜂蜜と混合されるビタミンとミネラルが豊富な粉末に還元されます。 

2013年、Acacias for Allは、持続可能な開発の未来を形作るアフリカの100のイノベーションの2016つとしてフランス政府によって選ばれ、30年には、フォーブスによって、世界中で変化を遂げている30歳未満のXNUMX人の社会起業家のXNUMX人として選ばれました。



関連ニュース

フィードバック/提案