拡大する農業と気候変動は、世界の固有種を危険にさらしています

保護団体は、「サバイバルウォッチリスト」に載っている種の-分の-が現在絶滅の危険にさらされていると警告しています。

ベアキャットとしても知られるビントロングは、南アジアと東南アジアに自生しています。
9月27、2021
EphantusMukundi著
ベアキャットとしても知られるビントロングは、南アジアと東南アジアに自生しています。

Recent News

世界をリードする保護団体の38,744つは、-種が ​,warサバイバルウォッチリスト」は絶滅のリスクが高くなっています。

国際自然保護連合(IUCN)は、今月初めにフランスのマルセイユで開催された会議で、近年の自然保護活動の改善にもかかわらず、絶滅の危機に瀕している種の数は増え続けていると述べました。

生息域の損失におけるこれらの過去の傾向が逆転するか、継続するか、加速するかは、将来の世界的な炭素排出量と社会的選択に依存します。-ケンブリッジ大学動物学者AndreaManica

グループは、その上で138,374種を識別しました ​,war生存ウォッチリスト」のうち、28%が絶滅の危機に瀕している状態から絶滅のリスクが高い状態に移行しています。

関連項目: ヨーロッパは3年までに2030億本の木を植える計画を発表しました

気候変動 自然環境の悪化は、地球の生物多様性に対する脅威が増大している-つの主な理由です。

特に注目すべきは、IUCNが、世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲが絶滅の危険性の高いカテゴリーに移行したことを警告したことです。

これらの先史時代の動物が気候変動のせいで絶滅に一歩近づいたという考えは恐ろしいものです。グラスゴーでのCOP26の前夜に、すべての意思決定の中心に自然を置くことをさらに明確にする必要があります。」アンドリューロンドン動物学会の保護局長であるテリー氏はCNNに語った。

IUCNの調査結果は、以前の結論を裏付けています。 研究 Nature Communicationsジャーナルに掲載され、森林破壊と気候変動が世界中の自然生息地の急速な破壊を引き起こし、危急種を危険にさらしていることを示しました。

調査によると、世界的な食料需要が土地利用の増加につながり、それが今度は 森林破壊の増加 そして自然の生息地の耕作地への転換。

この変換は両方 温室効果ガスの排出量を増やす 生態系の自然の循環を害し、動物の生活のすべての段階に悪影響を及ぼします。

生息地の範囲の損失におけるこれらの過去の傾向が逆転するか、継続するか、加速するかは、今後数年および数十年の将来の世界的な炭素排出量と社会的選択に依存します」とケンブリッジ大学の研究および動物学教授の筆頭著者であるアンドレア・マニカは述べています。 。

他に 研究、最近Biological Conversationジャーナルに掲載された科学者たちは、惑星の温度が3℃以上変化すると、固有の海洋種の半分と陸上の固有種の-分の-が絶滅する可能性があることを示しました。

総合研究では、ある地域に生息する動植物は、専門性の低い種と比較して、気候変動の影響を受ける可能性が高いことがわかりました。

しかし、侵入種は、温暖化する気候に直面しても、わずかな影響しか受けないか、まったく影響を及ぼさない可能性があります。 これは、侵略的な日和見主義者に固有種を徐々に押し出す余地を与え、生物多様性の減少につながる可能性があります。

研究の著者の-人がCarbonBriefに語ったところによると、平均気温がこのようにわずかに上昇しただけで、どれだけ多くの損失が予想されるかに本当に驚いていました。 ​,warパリ協定に従う [温暖化の限界]は、世界中の私たちの生物多様性に大きな違いをもたらすでしょう。」





広告

関連ニュース

フィードバック/提案