パリの新油の探鉱が国際化

Olio Nuovo Daysは、パリでの記者会見で第3版「HémisphèreNord」を発表しました。

12月4、2017
レイラ・マッケ

Recent News

27月-日、世界中の生産者とオリーブオイル市場の著名人が、ル・コルドン・ブルー・パリの学校に集まり、第-版のプレビューを行いました。 オリオヌオヴォデイズ (OND)。

2015年に開始されたこのコンセプトは、シェフ、消費者、生産者の間に直接的な絆を築くことにより、最も新鮮なオリーブオイルを宣伝し、消費者に公開することを目的としています。

オンド ​,war'HémisphèreNord 'は、16年20月2018〜-日に開催され、-か国から-以上のプレミアムEVOOが公開されます。

今年はより多くの参加レストランと25を超えるプロデューサーが登録され、このコンセプトは世界中の聴衆に届いています」と、創業者のエマニュエルデシェレットは述べています。 ​,war私たちは国際的に拡大しています。 日本がパーカーに入学するのを見て、私はわくわくしています。 ONDは正しい方向に進んでいます。」

記者会見で公開されたオリーブオイルには、イタリア、ギリシャ、スペイン、チュニジア、フランスからのオイルと一緒に、2018年の注目国である日本からの新しい収穫がありました。

スペインのプロデューサー兼NoblezaDelSurのオーナーであるLolaSagraは、-つのオイルを発表しました。PremiumArbequinaは、草本とフルーツの強いアロマを備えた明るい緑色の繊細なオイルです。

O‑MedのオーナーであるPaola Garcia Casasは、-回目の参加で、マンダリンとオレンジを基調としたフローラルライムに刺激的な香りを放つ新しいO‑MEDゆずオイルを発表しました。

トレド(スペイン)のCasas de Hualdoは、-つのオイルを発表しました。Cornicabraは、ヨーロッパ南西部の伝統的な品種で、繊細な苦味があります。 そしてCasitasde Hualdoは、子供向けに特別に作られたフルーティーで軽いブレンドです。

オリブコは、ウティカの考古学的な場所に隣接する裸地で生産された、濃い緑色の果物のようなチュニジアのオイルです。 Olivkoは、2017年のニューヨーク国際オリーブ油コンクールで金賞を受賞しました。

アンリ・モルのカタルーニャEVOO、ル・アマンティン(イタリア)、マカリア・テラ(ギリシャ)、ル・カレ・デ・ユイレス(フランス)など、他の多くのプレミアムオイルが試飲用に提供されました。

-月のパーカーでは、有名なレストランが厳選された新しいオイルに触発された料理をメニューに含めます。

スペイン人シェフのマリア・ホセ・サン・ロマンが、モンマルトルのル・シャマレでフランス人シェフのアントワーヌ・ヒーラとディナーを主催します。 ブラジル人シェフのペロラポリロは、彼の有名なレストランAG lesHallesでシェフのアランギアムと一緒に料理をします。

日本のオイル、東洋オリーブは、パリの象徴的な美食の寺院、ルーカス・カートンのシェフ、ジュリアン・デュマによって選ばれました。 デュマは、日本オリーブオイルソムリエ協会の多田敏也会長と一緒に、日本の油を中心にデザインされた料理を使った-コースディナーを作成します。

主催者によると、日本国外のレストランで日本のオリーブオイルが使われるのは初めてだという。

グルメ店での試食会やオリーブオイルをテーマにしたワークショップや会議もプログラムに参加しています。

アフィドールの社長、オリヴィエ・ナスレスは、フランスの典型としての黒いフルーティーオイルについて話し、研究科学者のクリストフ・ラヴェルは、オリーブオイルの苦味の背後にある論争について話します。

デケレットのコンセプトは、 ​,war'メルカセイとスペインのオリーブ生産市町村協会によって作成されたエボリュームのガイド。

広告

メルカセイとのパートナーシップにより、マドリードは2019年のオリオヌオヴォデイズの-番目の首都になります。 ​,warOND-マドリッドの初版に貢献し、デシェレットと一緒に仕事をすることができてうれしく思います」とコンセプトを述べたペナミルは言いました ​,war生産者の仕事を紹介し、最新のオイルを明らかにします。」


広告

関連ニュース

フィードバック/提案