` インドのオリーブオイルの輸入量が半分に- Olive Oil Times

インドのオリーブオイルの輸入量が半減

8月13、2012
ヴィカス・ビジ

Recent News

インドは、税関データによると、5,938年の期間中の2011メートルトンと比較して、3,988年に2010メートルトンのオリーブオイルを輸入しました。

これは前年比49%の増加でしたが、それでも-億人の国にとっては非常に少量のオリーブオイルです。

ほとんどの成長は オリーブ搾りかす油 —オリーブから作られた最も食用に適さないグレードのオイル—期間中に131%増加しました。

イタリアとスペインは合わせて、インドのオリーブオイル輸入の90%以上を占めました。 トルコは約5〜10%を占める-番目に大きなサプライヤーです。 トルコからの輸入の正確な数値はまだ入手できませんでした。

スペインが56パーセントを占め、イタリアが44パーセントを占めました。ギリシャ、シリア、チュニジアなどの他の有名なオリーブオイル輸出国からの輸入は、インドではほとんどありません。

バージンオリーブオイルの輸入は、前年より26%増加しました。

国際オリーブ協会(IOC)が従う基準である作物年のデータは、イタリアとスペインからの輸入が63%増加したことを示しています。 絶対的には、輸入量は3,175年の2010メートルトンから5,182年には2011メートルトンに増加しました。

インドオリーブ協会(IOA)は、EUと主要輸出国であるイタリアとスペインが資金を提供して、オリーブオイルに関する意識を高めるための-つの主要なプロモーションキャンペーンが進行中であると述べました。

IOAのコメント: ​,warインドの主な課題は、2006年食品安全基準法に基づくオリーブオイルの貿易基準が時代遅れであり、コーデックスおよびIOCの貿易基準に代表される世界のその他の貿易基準と整合していないことです。 IOAは政府とこの問題を精力的に追求してきました。」



関連ニュース

フィードバック/提案