` イタリアとチュニジアがスペインにオリーブオイルを輸出- Olive Oil Times

イタリアとチュニジア、スペインへのオリーブオイルの輸出を拡大

3月7、2013
ジュリー・バトラー

Recent News

Agri-food Cooperatives Spainのデータによると、今シーズンのスペインのオリーブオイル生産の大幅な減少は、地中海の隣国への売り上げを劇的に増加させたイタリアとチュニジアにとって恩恵であったようです。

一方、イタリアは引き続き外国の主要な買い手です スペインのオリーブオイル、ボリュームは縮小しましたが、スペインは重要な米国市場で地位を失いました。

スペインへの輸入

イタリアからスペインへの輸入は、シーズンの最初の3か月間(10月から12月)に5,065トンに達し、2011の同じ四半期のほぼ4倍になりました。 チュニジアからのものは、256パーセント増の2624トンです。

ただし、ポルトガルは引き続きスペインの主要な海外サプライヤーであり、四半期に7,000トン近くを供給し、2年の同時期に比べてわずか2011%減少しました。ポルトガルにプランテーションを持ち、スペインのメルカドーナスーパーマーケットにオリーブオイルを供給するソベナグループは、このボリュームの大部分を占めています。

次にイタリアが続き、モロッコ(4,194トン)、フランス(半分増の2,044トン)、ギリシャ(713トン)、アルゼンチン(580分の-減の-トン)が続きました。

全体的に見て、 オリーブオイルの輸入 スペインへの流入量は85パーセント増加し、ほぼ23,000トンに達し、価値は113パーセントでした。 これらのうち、11,750は ランパンテ グレードとほぼ8,700のバージンまたはエキストラバージンエキストラと残りはオリーブオイルの他のカテゴリとフラクションをカバーしました。

-分の-の輸出

一方、金融危機にあるこの国は、ユーロの価値ではわずか178,361%の減少でしたが、輸出量は2.3分の-近く減少し、四半期では-トンに減少しました。
これらの輸出のうち、131,911トンはバージンまたはエキストラバージンであり、42,000は他のグレードまたはオリーブ油の一部であり、4400は ランパンテ.

Agri-food Cooperativesのレポートによると、イタリアはスペインのオリーブオイルの主要な海外目的地であり、全体の40分の61,000を占めていますが、この四半期の量は約-%減少し、-トン近くになりました。

スペインの主要な輸入元であるポルトガルは、約22,300トンを占める、16,000番目に大きな輸出市場でもあります。 フランスは14,000トンでほぼ変わらないが、米国市場への貿易は-分の-近く減少して-トン強になっている。

スペインのプラス面としては、英国に9,600トン(16%増)、中国に約9,200トン(63%増)を販売しました。 ブラジル、日本、インドへの輸出は40%以上増加しましたが、オーストラリアへの輸出は約39%減少しました。

スペインのオリーブオイル庁(AA)によると、第383,000四半期の同国の生産量は2011トンであり、生産量の記録を樹立した12/-年の第-四半期の半分以下でした。

Agri-food Cooperatives Spainは、今シーズンの総収量はわずか605,000トンと予測しています。 昨年の悪天候、特に干ばつの結果、過去63シーズンのスペインの平均の半分未満になり、昨シーズンの1.6万トンから-%近く減少しています。



関連ニュース

フィードバック/提案