`「オリーブオイルを信じる」キャンペーンを日本で開始- Olive Oil Times

日本で発売する「オリーブオイルを信じる」キャンペーン

6月10、2015
イザベル・プーチンヤ

Recent News

国際オリーブ評議会(IOC)は、 ​,war2年2015月-日に東京で行われた「Believe in Oil」キャンペーン。

による 最新のIOCニュースレター、打ち上げには一連のイベントが含まれ、日本のメディア向けの記者会見から始まり、 オリーブオイルの健康上の利点 内科・消化器内科の松池恒夫博士による。 続いて、東京の八芳園でオリーブオイルの試飲とランチレセプションが行われます。 イベントは、 ​,warキャンペーンのために任命された有名人のオリーブオイル大使」。

IOCの発表では、新しいキャンペーンの予算について言及していませんでした。

キャンペーンの一環として、東京レストラン「田村月地」の三代目シェフである田村氏が、メディアや業界の専門家、輸入業者、日本政府の代表者であるIOCを招いて料理番組を開催する予定です。前記。

日本のIOCキャンペーンは、オリーブオイルとその健康上の利点を促進すると同時に、伝統的な日本料理に使用する新しいフレーバーを導入することを目的としています。 IOCによると、このイニシアチブは、政府機関の マーケティング基準 日本での適用を奨励します。

広告

IOCニュースレターによると、2014/2015年の収穫年の最初の9か月間、日本ではオリーブオイルの輸入が昨年の同時期に比べて-%増加し、ほとんどすべての増加が-月に発生しました。 日本は、米国に次ぐスペインからのオリーブオイルの非EU輸入国であり、イタリアのオリーブオイルの非EU輸入国である。

昨年、日本は51,000トンのオリーブオイルを消費しました。 IOCの数字、または1人あたり約400 ml(13.5オンス)。



広告

関連ニュース

フィードバック/提案