` 議会はオリーブオイル生産のために史上-番目に大きな年を予測します- Olive Oil Times

評議会、オリーブ油生産で史上2番目に大きい年を予測

5月。 17、2011
ジュリー・バトラー

Recent News

今年は、主にアルジェリア、モロッコ、シリア、トルコの増加により、オリーブ油生産で世界第2位になると予想されています。

国際オリーブ評議会(IOC)の予測によれば、2010/11年の生産量は3.08万トン(この73%を占めるEU)であり、3.02-2009年の10万トンから2003/04に続く3.17万トンの記録。

スペインは1.37百万トン(世界生産の45パーセント)で圧迫され、イタリア(480,000トン)、ギリシャ(300,000トン)、ポルトガル(71,800トン)、フランス(5,600トン)が続くと予想されます。

IOCは4月の市場ニュースレターで、今年の生産増加の主な原因はシリア(180,000トンの史上最高値を達成する予定)、トルコ(160,000トン)、モロッコ(生産は150,000に倍増するチップ)であると述べましたトン)、およびアルジェリア(50,000トン)。

過去89年間で世界のオリーブオイルの生産量は20%増加しました。 1.45年から1990年にかけては、わずか91万トンでした。

輸入

2010-11年の最初の17か月(22月から-月)では、EU、米国、ブラジル、カナダ、日本、オーストラリアへの合計輸入量は、前年同期比で-%増加しました。 特にEUは-%という大幅な上昇を示しました。

6月までの2か月間で見ると、日本への輸入は21%減少しましたが、オーストラリア(+ 16%)、ブラジル(+ 9%)、カナダ(+ -%)、米国(+ -%)などの他の地域では増加しました。

生産者価格

IOCは、イタリアの生産者価格とスペインおよびギリシャで支払われる価格との間のギャップが拡大していることを指摘しました。 昨年の同時期と比較して、EVOOの価格はギリシャ(5ユーロ/ kg)とスペイン(1.94 / kg)の両方で2.01%低く、イタリアでは44%(3.90 / kg)上昇しています。

ここ数週間、ギリシャのわずかな下落とスペインの安定とは対照的に、イタリアでは価格が急上昇しています。 これは、イタリアの生産者に支払われる価格とスペインとギリシャで支払われる価格との間の距離が拡大していることを確認する傾向がある」とIOCは述べた。



関連ニュース

フィードバック/提案