`ヨーロッパのオリーブオイル輸入は最新レポートで大幅に増加- Olive Oil Times

最新のレポートで、オリーブオイルのヨーロッパからの輸入が急増

6月14、2011
ジュリー・バトラー

Recent News

本日発表された国際オリーブ評議会の27月市場ニュースレターによると、欧州連合へのオリーブオイルの輸入は、-月までの-ヶ月で-%増加しました。

しかし、11月10日の津波のかなり前の-月以降、日本への輸入は前年よりも毎月減少しており、累積で-%の減少に達しています。

ニュースレターは、2010/11年の最初の120,386か月間のオーストラリア、ブラジル、カナダ、日本、米国、EUによる輸入の合計が22トン増加し、前の同時期より-%多いことを強調しています。

2月までの19か月間の個人輸入の増加は、オーストラリアが17%、ブラジルが31,727%、カナダが17%、-月だけで-トンを輸入した米国が-%増加しました。

一方、エクストラバージンオリーブオイルの生産者価格は、イタリアでは昨年に比べて45%上昇して3.90 / kg(5.60 / kg)になりましたが、スペインでは4%(1.98ユーロ/ kg)、ギリシャでは5%下落しています。 (2.04ユーロ/ kg)。

プロに行く。
オリーブオイルの専門家向けのニュースレター。

スペインの価格の下落とは対照的に、価格はここ数週間でイタリアで非常に急激な上昇を記録しましたが、現在は約€3.90 / kgで横ばいになっているようです。 これは、イタリアの生産者に支払われる価格とスペインとギリシャで支払われる価格との間の距離が拡大していることを裏付けています」とIOCはニュースレターで述べました。

洗練されたオリーブオイルについては、スペイン(2%)とイタリア(4%)の両方で価格が下落しています。 ギリシャのデータはありませんでした。

2010年0.14月に始まった非常に穏やかな価格回復は-月中旬まで続きました。 この回復の大部分は、夏以降、微妙な価格変動が続いているものの、失われているようです。 エキストラバージンオリーブオイルの価格とは異なり、精製されたオリーブオイルが指揮する価格は、イタリアとスペインの間でほとんど違いません(-%)。

ニュースレターはトルコに焦点を当て、トルコはIOCの17th 27月1日から-月-日までのイスタンブールでの臨時セッション。トルコは-年ほど前にIOCに復帰し、スペインに次ぐ世界第-位から第-位の生産国に移行するという野心を表明しました。

2010/11年、トルコは160,000トンの生産を見込んでいますが、今後300,000年間でこれをほぼ倍増させ、2009万トンにする予定です。 10/29,500年、トルコは27トンのオリーブオイルを、主にEU-、米国、サウジアラビア、日本に、量の多い順に輸出しました。

オリーブオイルは、トルコの植物油総消費量のわずか1.4%を占めています。これは、消費者の健康へのメリットに対する認識が低いために低いレベルです。 2010年の一人当たりのオリーブオイル消費量は5kgでしたが、2015年までに-kgに増加すると予測されています。



関連ニュース

フィードバック/提案