`シリアは今年、かつてないほど多くのオリーブオイルを生産すると述べています- Olive Oil Times

シリアは今年、これまで以上に多くのオリーブオイルを生産すると言います

10月15、2015
Olive Oil Times スタッフ

Recent News

猛威を振るう11年間の内戦により、-万人近くの命が奪われました。 人口のほとんど(推定-万人)が家を追われました。 領土のほとんどは、ライバルの反乱軍の支配下にあります。 ロシアとアメリカの軍用機からの空襲が田舎を襲います。

戦闘と砲撃はしばしば果樹園や工場での外出を危険にさらします。-モハメッドハッサンゼノ、ゼノオリーブオイル

シリアは今ではオリーブオイルを作る場所のようには思えませんが、公式の推定によれば、今年はシリアのオリーブオイルの旗印となる年になるでしょう。

国際オリーブ評議会は今週、シリアは215,000トンの生産量を予測しており、前年の-倍以上であり、オリーブオイルの生産に関してトルコ、チュニジア、モロッコよりもはるかに先を争っている。 シリアは、世界で-番目に大きなオリーブ油生産国になります。

世界食糧計画による調査は、戦争が重要な農業システムとインフラストラクチャに壊滅的な影響を与え、農業人口を追い出し、貿易を混乱させ、生態系に計り知れない損害を与えたと語った。 しかし、どういうわけか持ち込める生産者がおり、オリーブを収穫するのに十分な労働者がいまだにいます。

ハッサン・ゼノ

アレッポのプロデューサーであるモハマドハッサンゼノは、労働者の安全が大きな問題であるとIBTimes UKに語った。戦闘と砲撃は、果樹園や工場に出かけるのを危険にさらすことが多い。

ゼノは、オリーブオイルで満たされた彼のトラックが、会社が本拠地であるクルド人支配地域から出て、政府が保有するラタキアの港に到着するまで、繰り返しハイジャックされると言いました。 すべてのチェックポイントで、ドライバーは賄briを支払うことを余儀なくされます。 彼は、すべてのback折の中で会社を収益性の高い状態に保つための低コストを認めました。

アサド政権はシリア領土の80%以上の支配を失ったにもかかわらず、危機の間、シリア人に通常の生活を維持するよう説得しようとしてきました。 いつものように人生を投影することは、彼自身の政治的生存に不可欠であると困惑したリーダーによって見られています。 今週はダマスカスでスポーツ用品博覧会が開催され、工芸品見本市が開催されました。 ホームズ 特集 ​,war手作りの作品や手工芸品の展示に加えて、文化的および芸術的な活動。」

今週末に開催される文化祭 ラタキア 呼ばれます ​,warシリアはより強力です」と主催者は言いました、 ​,warシリアの人々の回復力と、その甘くて苦い細部のすべてで人生を生きるという彼らの決意についてのメッセージを伝えます。」



関連ニュース