` 遠心力:Gennaro Pieralisi- Olive Oil Times

遠心力:ゲンナロピエラリシ

6月6、2010
ルーシー・ヴィヴァンテ

Recent News

Gennaro Pieralisiは、オリーブオイルの低価格を懸念しています。 エキストラバージンオリーブオイルが多すぎて、需要が少なすぎます。 金融危機により、世界中の消費者が経費を削減しています。 彼はオリーブの損益分岐点の価格を管理しており、数字を繰り広げています。スペインの場合、2.70キロあたり2.80〜3.60ユーロです。 他のEU諸国の場合、3.70キロあたり2.50〜-ユーロです。 チュニジア、アルジェリア、モロッコ、シリア、ヨルダン、トルコなどの国、および南米諸国では、-キロあたり-ユーロ。 差異は人件費によるものです。 ピエラリシはこれを言っていませんが、オリーブオイルの低価格は、生産者が機械を購入またはアップグレードする能力に影響を与えているに違いないと私は推測しています。

私は彼に最近のユーロの価値の下落について尋ねます、そして彼はこれが彼を助けるであろうと言い、そしてそれがすべてのヨーロッパの製造業者に利益をもたらすであろうと付け加えます。 Pieralisiは、彼の機器の購入を可能にするためにいくらかの資金を提供します。 彼はイタリアのバイヤーが-年間にわたって支払いを伸ばすことを許可します。 支払いを怠った買い手を訴えるのは難しすぎるので、彼はイタリア国外ではそれをしません。 彼は、マシンの前払いをしたいと言っています。 同社は中古の機械を改装しており、通常、これらの機械のコストは新しいものの-分の-です。
関連項目: GennaroPieralisiとの会話
オリーブオイルのシーズンは比較的短く、これが会社が多様化した理由の-つです。 これらの子会社ベンチャーは遠心分離技術を含みますが、他の用途向けです。 Pieralisiは、チーズ業界向けの遠心分離機を製造しています。 たとえば、パルミジャーノレッジャーノのメーカーに遠心分離機を販売しており、遠心分離機を使用してクリームを牛乳から回転させます。 モッツァレラチーズについては、グループがシステム全体を製造しています。 遠心分離機は、食品分野のフルーツジュースメーカー、ワイン醸造業者、トマト加工業者に販売されています。 それから、汚泥の分別、燃料油の浄化、廃水などの産業部門があります。これらの他の分野と並んでとてもおいしいものの機械を販売するのは難しいかどうか彼に尋ねます、そして彼はそれが挑戦であることを認めます。 ただし、多様化により、全員が着実に作業を続けています。Ingegnereは、サービスグル​​ープが十分に対応できることを特に懸念しているようです。

ピットインしたオリーブオイルが最近ニュースになり、それについて尋ねられました、 ​,war到着時に死んでいます。 それはマーケティングによって発明され、動機付けられているため、到着時に死んでいます。 オリーブ100キロごとに、ピット内のアーモンドから750グラムのオイルがあります。これは非常に特徴的で豊富なオイルで、ポリフェノールとトポフェノールが豊富です。 ピットのオイルがなければ、オリーブオイルは100ヶ月しか持続しません。 そしてこれを超えて、ピットオイルは非常に無味乾燥です。 それは単にマーケティングメッセージを発信する方法でした。」 私は彼に、彼が共有したい新しいブレークスルーがあるかどうか尋ねます、そして彼は彼が数年以内に何かを持っていると言います。 Pieralisiは、オリーブオイルのシーズンは非常に短く、最大2日であるため、実験期間は限られていると説明しています。 彼はまた-月-日nd、抽出シーズンが始まり、その後の-日間は地獄であり、すべての顧客が石油の抽出を開始します。 彼は笑顔でインフェルノという言葉を言っているので、それはそれほど悪いことではありません。

オリーブオイルの味の問題について、彼はそれは自分自身の個人的な好みと伝統の問題であると言います。 彼は、バーリの人にとっては完璧なオイルはコラティーナオリーブの木からのものかもしれないが、ガルダ湖の人にとってはそのオイルは ​,war毒のような苦い。」 そして、バターの味に慣れているミラネーゼと他の北イタリア人は、 ​,war味気ない油を好む。」 彼は個人的にギリシャのオリーブオイルを好みます。 (Gruppo Pieralisiはエクストラバージンオリーブオイルを製造していますが、これについては後で詳しく説明しますが、現時点では、彼は自分のお気に入りとは言えないほど誇りに思っています。)彼は、世界中のスーパーマーケットに販売しているユニリーバのような大企業について少し話します。彼らは味を一定に保つためにオリーブオイルのミックスを購入すると言い、彼らは均一な味を探しています。 それらのオイルでは、良い年も悪い年もありません。

彼は混合物について話しているので、私は熟成オリーブオイルについて尋ねます。 ​,war古典的な混合物は、オリーブオイルと高オレイン酸ベニバナ油です。 オリーブオイルでは最大7%のベニバナ油が検出されないため、コストを削減できます。」 私たちはアメリカに輸出されたオリーブオイルについて話します、彼はそれが常に最低品質であり、しばしば搾りかすオイルと混合されていると言います、そして彼はそれがエクストラバージンオリーブオイルを認識しないのでそれはアメリカ議会のせいであると言います。 彼は、カリフォルニアのオリーブオイル生産の増加により、これは変わると考えています[編集者注: USDAが最近改訂した標準 国際オリーブ協議会のものと一致するように]。 の ​,war「MadeinItaly」とオイルボトルのイタリア国旗にはプレミアムが付いており、イタリア製として販売されているオイルの多くはイタリア製ではありません。 ピエラリシは、以前はイタリア人だけが石油を輸入し、瓶詰めしてイタリア人として販売していたと言っています。 今、スペイン人はこれに賢明になり、イタリアの会社を買収し、この方法で彼ら自身の石油を注ぎ込んだ。 彼はこれに特に驚かされているようには見えません。 彼は、オリーブオイル市場を取り締まるのではなく、可能な限り最高のオイルを製造する機械に焦点を合わせています。

私はジェンナロピエラリシに彼の仕事で最も満足のいくことは何であるかと尋ね、彼はそれに答えます ​,war特にこの仕事ではありませんが、仕事、単に満足を与える仕事です。 もし私がこれをしていなかったら、私は何か他のことをしているでしょう、そして働くことは満足を与えるのでそれは満足を与えるでしょう。」 この時点で、次世代のピエラリスや会社の従業員になるのはどういうことかと思います。 騎士にされたこの非常に明らかに運転された男まで、仕事以外のこと(彼の称号はCavaliere delLavoroまたはKnightof Work)を測定するのは難しいに違いありません。 そして実際、あなたが言うとき ​,warピエラリシの人々への「Ingegnere」には、身体的な反応があります。彼らの背骨は硬くなり、すぐに動きます。

ジェシは人口約40,500人の都市です。 壁や街の建物の多く、特にルネッサンス様式の宮殿は、美しい淡いレンガです。 第二次世界大戦中に爆撃された近くのアンコーナとは異なり、歴史的中心部は無傷です。 18つの重要な文化的アトラクションは、ピナコテーカです。ピナコテーカには、マルケで晩年を過ごしたティツィアーノのベネチアの現代人、ロレンツォロットによる-枚の絵画の並外れたグループと、-にちなんで名付けられたペルゴレージ劇場があります。th オペラ・ブッファの世紀の作曲家、ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ。 私がイエジを訪れた日、Enoteca della Regione Marcheは、解決に時間がかかる構造上の問題のため閉鎖されています。 15歳ですth 宮殿とこの地域のワインのショーケースで、誰もが訪れる価値があると言っています。 イタリアのすべての地域は、トスカーナであるマーケティングの奇跡に追いつくことを試みています。

マルケ州は主に農村部と農業地帯であり、イタリアでは長寿の地域としてよく知られています。 イエジは、ピエラリシの他に、キャタピラー工場とフィアットのトラクター製造部門であるニューホランド工場があり、強力な産業基盤を持っています。 これらは、ジェシで最大の非政府雇用者です。 Pieralisiには、400人のうち約650人の従業員がいます。 彼らが工場で働いていない場合、彼らはイエジで生まれた神聖ローマ帝国にちなんで、ホテルフェデリコIIと呼ばれるグループのホテルで働いています。 または女子バレーボールチーム、モンテスキアーボチーム。 またはジムPalestraPieralisi、またはMonte Schiavo Vineyards andFrantoio。

GennaroPieralisiには多くのいとこがいます。 そのうちの-人はジェシに大きなシトロエンのディーラーを所有していますが、それは別のいとこ、女優です ヴィルナ·リージ、最もよく知られている人。 彼女は1960年代にハリウッドでコメディーを演じて素晴らしいキャリアを積みましたが、彼女のより良い役割はヨーロッパの映画やテレビから来ています。 彼女はローマに住んでいて、演技を続けています。

の中に 最終セグメント Gennaro Pieralisiとの独占インタビュー、公開についての考え、MonteSchiavoへの訪問について。

関連ニュース

フィードバック/提案