` ヨーロッパの品質管理には改善が必要、研究結果- Olive Oil Times

ヨーロッパの品質管理には改善が必要、研究結果

2月14、2020
コスタス・バシロプロス

Recent News

欧州連合は、 品質管理に関する研究 オリーブオイル生産国によって実行されます。

オリーブオイルのセクターに関する要件は、 コモンマーケット組織 (CMO)規制。マーケティング、ラベリング、パッケージングのルールと、一連の定義、指定、オリーブオイルの販売の説明が含まれます。

オリーブオイルは 詐欺のリスクが高い 他の食品と比較した経済的価値のため、この研究は強調し、不正行為を防止し、ヨーロッパ産油の品質を改善するための規制を設けました。

生産加盟国は、流通業者と小売業者が要件に準拠していることを確認するために、毎年最小限の管理を実施する責任があります。

この調査では、消費者保護と企業対消費者の公正取引慣行に関する適合性チェックで十分である一方で、公平な競争の場の存在や内部オリーブオイル市場の健全な運営などの他の分野を調査し、改善する必要があることがわかりました。 。

違反に関しては、チェック中に観察された最も一般的なケースは、エキストラバージンとしてバージンオリーブオイルを販売し、純粋なオリーブオイルとして他の植物油とオリーブオイルのブレンドを販売したことでした。

さらに、調査によると、既存の適合性チェック評価システムをアップグレードして、スタッフと財務の観点からより多くのリソースが関与するようにする必要があります。 国および地域当局間の協力と調整を改善する必要がある。

オリーブオイルの世界生産の69%を占める-つの生産加盟国(スペイン、イタリア、ギリシャ、ポルトガル、フランス、スロベニア、クロアチア、マルタ、キプロス)があります。 最大の非生産消費者はドイツで、EUのオリーブ油の約-%を吸収しています。



関連ニュース

フィードバック/提案