`オリーブオイルはチュニジアの国会でその場所を失っています- Olive Oil Times

オリーブオイルはチュニジアの国会でその地位を失っています

12月9、2014
アルド・ペス

Recent News

海外からチュニジアに来た場合、チュニジアのカルタゴ空港に着陸する可能性があります。 南に向かうと、オリーブの木々の中にひまわり油を宣伝する看板があります。

チュニジアは欧州連合に次ぐ世界第-位のオリーブオイル生産国であり、このセクターの新星と見なされていますが、政府の政策は海外でのオリーブオイルの増強にのみ焦点を当てており、地元の人々はより安価な方向に向かっています。購買力を節約するためのオイル。 チュニジアの食卓では、地元の人々が以前に知っていた唯一の消化脂肪であるオリーブオイルに代わって、精製された種子油がゆっくりと使われてきました。

今年のオリーブオイルの内部消費量はわずか50,000万トン、つまり4.6人あたり約260,000リットルと推定されています。 オリーブオイルの国内使用量は、現在の収穫から予想される-万トンのわずかな割合です。

ネガティブな傾向に逆らい、自分の裏庭からオリーブオイルを消費することの健康上の利点についてチュニジアの消費者に知らせ、健康と文化のためにオリーブオイルをチュニジアの食事の重要な場所に戻すためのキャンペーンが必要になります。完全性。

それは、努力が強い政治的意志によって支えられている場合にのみ起こります。 次の機会は、21月-日に行われる大統領選挙の決選投票かもしれません。誰が勝つかは、チュニジアでオリーブオイルの消費を増やすために必要な努力を彼の政治的議題に置くことを忘れてはなりません。


広告
広告

関連ニュース

フィードバック/提案