`EU、オリーブオイルのマーケティング基準をコード化- Olive Oil Times

EU、オリーブ油のマーケティング基準を体系化

1月18、2012
ジュリー・バトラー

Recent News

の利益のために ​,war明快さと合理性」と述べ、欧州連合はその更新版を公開しました。 オリーブ油のマーケティング基準に関する規制.

29年2012月13日付のEU No 2012/1019は、2002年にオリーブオイルのマーケティング基準に関する規制-が導入されて以来行われた大幅な改正を成文化しています。

消費者を保護し、通知するために設計されたラベル付け要件に主に専念している規制は、修正された規則のクリーンコピーを提供するだけであり、新しい規定を導入していないことが理解されます。

地理的表示

誤表示に関する新たな主張 ​,war'Made in Italyのオリーブオイルは、最近、起源の問題にスポットライトを当てています。 イタリアの主要な農業組織の-つであるColdiretti氏は、 調査で見つかりました イタリアで販売されているエクストラバージンオリーブオイルの-本に-本には、他の国からのオイルの混合物が含まれていますが、消費者はラベルでこれを読むために虫眼鏡を必要とすることがよくあります。

EU規制では、複数のEU加盟国または非EU諸国を起源とするエキストラバージンオイルまたはバージンオリーブオイルのブレンドの場合、以下の記載のいずれかを使用して、必要に応じてラベルに原産地の指定を記載する必要があることを明確にしています:

(ⅰ) ​,war'欧州連合起源のオリーブオイルのブレンド」または欧州連合への言及。

(ⅱ) ​,war'欧州連合起源ではないオリーブオイルのブレンド」または欧州連合外の起源への言及。

(iii) ​,war'欧州連合由来であり、欧州連合由来ではないオリーブオイルのブレンド」または欧州連合内外の産地への言及。

オリーブが収穫された国以外のEU加盟国または非EU諸国にある工場で抽出されたバージンまたはエクストラバージンオリーブオイルの場合、原産地指定には次の単語を含める必要があります。「(エクストラ)バージンオリーブ(連合または関係する加盟国の名前)で収穫されたオリーブから(連合または関係する加盟国の名前)で得られた油」。

搾りかすと他のオリーブオイルのカテゴリー

オリーブ搾りかすの場合、規制では、ラベルに次のカテゴリ情報を明確で消えない文字で表示することを義務付けています。 ​,war'オリーブオイルの抽出後に得られた製品を処理することによって得られたオイルとオリーブから直接得られたオイルのみを含むオイル、または ​,war'オリーブ搾りかすを加工して得られるオイルとオリーブから直接得られるオイルのみからなるオイル。

オリーブオイルの場合、ラベルには次のように記載する必要があります。 ​,war'精製されたオリーブオイルとオリーブから直接得られたオイルのみを含むオイル。

バージンオリーブオイルの場合: ​,war'オリーブから直接、機械的手段のみで得られたオリーブオイル。

そして、エキストラバージンオリーブオイルの場合: ​,war'オリーブから直接得られ、機械的手段のみによって得られた優れたカテゴリーのオリーブオイル。



広告

関連ニュース

フィードバック/提案