`オリーブ評議会はオリーブオイルの消費量のわずかな減少を計画しています- Olive Oil Times

オリーブ評議会はオリーブオイルの消費量のわずかな減少を計画しています

3月17、2021
コスタス・バシロプロス

Recent News

によってリリースされた予備データ 国際オリーブ評議会 (IOC)はグローバルであることを示します オリーブオイルの消費 3,185,500/2020作物年には21トンに達するでしょう。

予測は、オリーブオイルの消費量があった前の収穫年と比較して1.5%の削減を表しています 過去最高に達した 3,234,000トン。

予測される減少は、5.8/2019年に前の年と比較して20%の増加に続くものです。 IOCレポート 前記。

関連項目: オリーブ協会は世界の消費動向の調査に着手

全体として、世界のオリーブオイルの消費量は91/1990年から91/2018年にかけて19%増加し、1,666,500トンから3,057,000トン強に増加しました。

2019/20シーズンの最大の消費者は欧州連合であり、世界の消費量のほぼ半分を占めています。 その他の主要な消費者は米国とトルコで、それぞれ総消費量の12.4%と5.4%を占めています。

EUの主要生産者は、一人当たりの消費量の観点からもオリーブオイルへの欲求が高まっていることを示しました。ギリシャ人は依然として世界トップのオリーブオイル消費者であり、年間11.5キログラムのオリーブオイルを摂取しています。 スペイン 影響により イタリア 10.6番目と7.5番目にランク付けされ、-人あたり年間-キログラムと-キログラムです。

欧州連合以外では、アルバニアとシリアがそれぞれ4.7キログラムと4.4キログラムの一人当たりの消費量でリストのトップに立っています。

の面では 世界貿易、米国、日本、カナダなどの大規模な消費者市場では、現在の収穫年の最初の12か月間(28年2020月と-月)と比較して、オリーブオイルとオリーブ搾りかすオイルの輸入が-%、-%、-%増加しています。昨年の同時期。

一方、中国では同期間に輸入が55%減少したが、消費は 成長し続ける 世界で最も人口の多い国で。

米国は残ります 世界トップの輸入業者 IOCによると、オリーブオイルの量は、過去36作物年の世界のオリーブオイル輸入全体の平均-%を占めています。


広告

関連ニュース

フィードバック/提案