` 水中の村は最初のオリーブミルの故郷かもしれない- Olive Oil Times

水没した村は最初のオリーブ工場の本拠地になるかもしれない

12月15、2014
イザベル・プーチンヤ

Recent News

オーストラリアとイスラエルの海洋考古学者が、世界最古のオリーブオイル生産の中心地であった可能性のある7,500、5年前の水中村を発掘しています。 新石器時代にまでさかのぼるレバントの村は、イスラエルのハイファ沖のクファールサミールと呼ばれる場所でXNUMXメートルの水の下に沈んでいます。

発掘チームは、オーストラリアのフリンダース大学の海洋考古学者ジョナサンベンジャミンと、イスラエル骨董品局のエフドガリリとイスラエルのハイファ大学で構成されています。 この場所での以前の発掘調査では、先史時代の集落でオリーブオイルが生産された可能性があり、世界最古のオリーブオイル生産の中心地となる可能性があります。

Journal of Archaeological Scienceに掲載された1997年の研究、 水中発掘について説明した Kfar Samirで、ピットに埋められた何千もの砕いたオリーブ石とオリーブパルプを発見しました。 この発見により、この地域では、以前に信じられていたよりも6,500年早く、500、XNUMX年前にオリーブオイルの生産技術が使用されていたことが明らかになりました。

間に 最近の発掘、研究チームは、かつては淡水井戸であり、後に廃棄物処理に使用された構造物を掘り出しました。 研究者たちは井戸を覆っている砂のサンプルを採取しました。分析すると、初期の地中海式食事や貿易慣行の詳細など、かつて古代の村に住んでいた社会に重要な洞察を与える可能性があります。


関連ニュース

フィードバック/提案