`イタリアのオリーブオイル消費は25年ぶりの低水準へ- Olive Oil Times

イタリアのオリーブオイル消費量は25年の低にスライドします

3月9、2015
Olive Oil Times スタッフ

Recent News

国際オリーブ協会(IOC)によると、イタリアは長い間ヨーロッパでトップのオリーブオイル消費者でしたが、スペインと統計的に結びついているとのことです。 最新のレポート。 2006年にピークに達した後、イタリアの消費は四半世紀で最低レベルへの長いスライドを開始しました。

ヨーロッパ人は全体として、400,000年よりも今年は1990万トン少ないオリーブオイルを消費しました。これは20パーセントの減少に相当します。 世界のオリーブオイル生産者にとって幸いなことに、そのたるみの半分は米国によって占められ、同じ期間にアメリカ人はさらに200,000万トンを有効に活用しました。 マーガリンの交換 一例を挙げると。

しかし、ヨーロッパ人が自分たちが背を向けているように見えることを世界に売り込んだと非難する前に、平均的なイタリア人は依然として毎年8.4リットル以上のオリーブオイルを消費していると考えてください。これは典型的なアメリカ人の10倍以上です。 IOCの数値によると、スペインでは9.5人あたりの消費量は年間14.9リットルであり、ギリシャ人は危機にもかかわらず、平均して-リットルのオリーブオイルに食べ物を浸しています。

米国では、過去0.4年間で平均消費量がわずか0.8リットルから25リットルに倍増しています(同期間のマーガリンの使用) 落ちた 3人あたり-リットル以上に相当します)。 しかし、IOCが勝利ラップをとる前に、同じ期間にすべての食用油の消費量が-倍以上になったことを考慮する必要があります。 多くのデータの無限のストリームにもかかわらず 健康上の利点 その使用の中で、オリーブオイルは世界最大の市場でほとんどそれ自身を保持していないようです。

一方、IOCの報告によると、イタリアのオリーブオイルの価格は、6.03月末に5.98 / kg、つまり-リットルあたり約-ドルに達しました。 貧しい収穫シーズン それは小売店での購入決定にさらなる圧力をかけるでしょう。



  • IOC 2015年-月号ニュースレター(PDF)

広告

関連ニュース

フィードバック/提案